2018年01月27日

お腹の中の赤ちゃんとわらべうた

2004年に放送された、NHKの「ためしてガッテン」という番組について書きたいと思います。

テーマは「赤ちゃんの不思議」ということでしたので、興味を持って見ました。

その中でもとても面白いなあと思った実験がありました。
それは、おなかの赤ちゃんは、流れるているモーツアルトの音楽が聞こえるのか、というものでした。

実験は、マイクロマイクを飲みこんで胃の中の音が聞こえるような状態にして、音楽をかけ、マイクに音が拾われるかというものでした。

結果は・・・・音は拾われていませんでした。

音を拾えるようにするためには、音量をかなり上げなければなりません。
それは耳をふさがないといけないほどの音量でした。
つまり、胎教によいと言われている音楽をかけても赤ちゃんが聞いていてよいというよりも、お母さんの心が安定してその安定が赤ちゃんに良い影響を与えるというものだといえます。

で、どうしたらおなかの中に音が伝わるのかというと、マイクを飲んだ人が自分で歌うことでした。
赤ちゃんに聴かせてあげるためには、お母さんが歌ってあげることなのです。

歌うことに自信がないお母さんでも、赤ちゃんはお腹の中でずっと聴いていて、生まれた後でその歌声を聴いたら、うれしいに違い有りません。
その時、赤ちゃんは何かの形でそれを伝えてくれるはずです。
それを見つけた時、お母さんもうれしいし、絆が強まることでしょう。

わらべうたの会では、お腹の赤ちゃんにも、日本の節使いで日本の文化が歌われている唄を聞かせてあげること。
生まれて直ぐお母さんの声を認識し関係を作るためにも。
また赤ちゃんが生まれてたら直ぐに、覚えたわらべうたを唄って聞かせてあげたり、遊んであげたりできるように、プレママさんも是非参加していただきたく、参加対象者にしています。

どうぞ今から、おなかの赤ちゃんと気持ちのやりとりをしてみませんか。
そんなことも思いながら、わらべうたで遊んでいただけたら更に楽しさも増すことと思います。
posted by 母と子のためのスペース”穂” at 17:46| 赤ちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

おむつに頼らない子育て・排泄介助という考え方    

2017-3月号

今回はおむつについて書きたいと思います。

なぜ、日本ではおむつをするのでしょうか。
随分前ですが、たまたま見た本に、まだ文明が広がっていない国では、赤ちゃんにおむつをつけず、お母さんは布のようなもので赤ちゃんを腰の辺りに付け、赤ちゃんが排泄しそうだな、と感じると、身体から離して排泄をさせるというのです。
なぜお母さんは排泄したいと感じていることをキャッチできるのかが不思議でした。

しかし、いろいろな本を読んでみると、赤ちゃんは身体をもじもじさせたり、きょろきょろみまわしたり、口をとんがらせたりと何かしぐさをしているというのです。
赤ちゃんは、膀胱や大腸に溜めずにそのまま流れるように排泄しているのではなく、膀胱や大腸に排泄物をある程度まで溜まったことが脳に伝わり、それを排泄したいという感覚がちゃんとあるというのです。

生き物はみな、なにも覆われていない状態で外に排泄します。
赤ちゃんも自然にそうしたいと感じています。
しかし、歩けません。

また、ある程度決まった場所に排泄するとはいえ、動物は野外に排泄します。
しかし人間は、屋内で生活し、居住空間を排泄物で汚すと衛生上よくないし、不快です。
ですからトイレという場所を決めそこに排泄します。
赤ちゃんはまだその一定の場所(トイレ)で排泄するという決まりが分かりませんし、そこに移動することができません。
そのため、おむつをして、私たちの居住空間を汚さないようにしているのです。

では、赤ちゃんの排泄のタイミングが、私たち大人が分かり、その場所(トイレだけでなくおまるなど)に連れて行ってあげれば、赤ちゃんも本来の欲求の、何も覆われていない状態で排泄することができとても気持ちよく排泄することができ、おむつも必要がない、というこことになります。

しかし、すべての排泄のタイミングをキャッチできませんので、もしもの時のためにお尻に物を当て汚れることを防いでいるのがおむつです。

これは今特別に取り上げられるようになったことではなく、昔から行われてきていたことで、昭和50年頃までは行われてきていました。
昭和23年には、厚生省が作った妊産婦向けの映画で、このような排泄のさせ方を伝えていました。
しかし私の子育ての時代には(平成一桁)、その育児の仕方は聞く機会がありませんでした。
つまり、その間の約10年の間に、排泄のタイミングを見計らっておむつを外し排泄してあげる育児が伝わらなくなってしまったということになります。

そのことについて、「おむつなし育児研究所」所長の和田智代さんは、昭和50年以降、「無理なおむつはずし(トイレに行くことを嫌がる子どもを無理に連れて行く・失敗した時に体罰を与えるなど)は子どもの心の成長に傷をつける」と言う考えが育児書などでいわれるようになり、それが、「タイミングを見て大人がトイレやおまるに連れて行き排泄をさせること」と、混同されてしまったからだと話しています。

昔の人は、子どもが嫌がるような意思を持つ前から、何も覆われていない状態での排泄の気持ち良さを体験させていますすし、それが極当たり前のこととして過ごさせてきていますから、この2つのことは異なることとなのです。

私の子ども達の排泄の自立は2歳過ぎしたが、2歳になる数ヶ月前、叔父に「まだおむつをしているの」と言われました。
その時、「えー1歳過ぎでおむつが取れるなんて、小さな子どもにトイレに行くことを無理強いさせるの?」と思いましたが、今だからそう言われた意味が良くわかります。
生まれた時から、なるべくおむつの中ではなく、何も覆われていない状態での排泄を介助してあげていれば、意思が伝えられ、自分で歩行できるようになった1歳半には、本来の仕方ができるようになるわけです。
しかしこの方法や考え方を知る機会がありませんでした。

「赤ちゃんはおむつに排泄をするのが当たり前」なのではなく「おむつを外して排泄したいのだけど誰も外してさせてくれないから我慢できなくておむつで排泄している」のです。
この考え方で、目覚めた後や授乳や離食の後、ずっと抱っこで移動し帰宅した後、など出るタイミングが分かり易いときだけでも、おむつを外して、おまる(小さな洗面器、手桶などでもよいのです)でさせてあげれば赤ちゃんも気持ちよいし、おむつが1枚お得になります。

このような昔行われていた本来の排泄を自立させる方法を、伝えていく必要があるかな、と思います。

しかし今、「十数時間取替え不要」と銘打った紙おむつが販売されています。
そして本当に十数時間おむつを替えずにいる親もいるとのことです。
それについて、和田さんは、十数時間のおしっこを吸水ポリマーに吸わせ重くなったおむつをつけさせられていることで、腰に痛みを感じている乳幼児もいる、という話をされています。
大人の私達に換算したら・・・その重さを腰骨にぶらさげていたら・・・
考えただけで恐ろしくなります。

私は、育児を終えていますので、自分の子どもでそのような育児ができませんが、このような考え方を、これからの子育て世代に伝えていきたいと思っています。
posted by 母と子のためのスペース”穂” at 14:49| 赤ちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする