ジェンダー・フリーについて

2017年4月号 「女らしく」。 つまりは、「物腰をやわらかく」「優しい言葉使い」「思いやり」「お化粧をして」「子供を育てる母性を持って」などいうことでしょうか。 「女らしく」について、いろいろ言われるようになって大分経ちますが、「男らしく」という言葉についても最近ようやくいわれるようになりました。 つまりは「たくましく」「行動的」「か弱きものを守る」などのことでしょうか。 朝…

続きを読む

出産後のホルモン分泌から出産後の女性の子育てを考える

今回は、NHKスペシャル「ママたちが非常事態~最新科学で迫る日本の子育て」という番組について紹介したい と思います。 かなり反響があったあらしく、再放送がすでに2回されているそうです。 また子育て情報サイトなどでも取り上げたり、見た方からの書き込みもされたりしているそうです。 番組名がインパクトありますが、内容としては、「最新の科学でわかってきた出産後の女性の身体や新生児の脳…

続きを読む

「ハウスワイフ2.0」という新しい専業主婦像

4月12日の朝日新聞、「耕論」という、様々な分野の方がひとつのテーマについて論じるコーナーに、「ハウスワイフ2.0」という言葉がありました。 これはアメリカのジャーナリストのエミリー・マッチャー氏が作り出した言葉です。 専業主婦が増えてきた最近のアメリカの状況の中で、「伝統的な子育てや家事こそ、今の女性には最も革新的な活動」として、職業を持たず専業主婦をする女性のことを、マッチャーさ…

続きを読む

「月経血」をトイレで排泄すること

今回は、わらべうたで遊ぶ会のお部屋に置いてある本箱に、新しく仲間入りした津田塾大学教授の三砂ちづるさんの著で「昔の女性はできていたー忘れられている女性の身体に在る力―」を紹介したいと思います。 少し生々しいお話になりますがご興味のある方は続けてお読みください。 私は「着物を着て下着を履かずに腰巻だけで過ごしていた時代、女性は生理の時どのように過ごしていたのだろう」という疑問を以前から…

続きを読む